マカオの天気
気温: °C 湿度: %
ホーム > 観光スポット > マカオ世界文化遺産 >
文字サイズ: A | A | A
マカオ世界文化遺産
盧家屋敷
盧家屋敷
盧家屋敷
盧家屋敷

1889年に建てられたとされる建物は、マカオに大きな建物を複数所有していた著名な中国人貿易商・盧華詔の邸宅でした。セナド広場と大堂広場に近く、当時の「クリスチャン・シティ」中心部にあり、マカオの多様な社会構造を表しています。盧家屋敷は灰色レンガを使い、二階建てで中庭がある伝統的な中国式住居で、建築的には広東省の典型的住居の特徴も兼ね備えています。

所在地: No.7, Travessa da Sé

開館時間: 10:00~18:00 (最終入館は17:30。月曜休館、祝祭日は開館)

バス路線:  3, 3X, 4, 6A, 8A, 18A, 19, 26A, 33, 101X, N1A
    • 地図
    • パノラマ写真
    • オーディオガイド
    • トラベルプランナーに追加
最終更新日: 23/11/2017